SORA Web3 [PoW/PoS]

BlockExplorer: >> here
Twitter: >> here
Bitcointalk: click here

多次元-NFT, NFT_SmartEdition(国内限定版)

* SORA Network へようこそ [SORA/Web3] 多次元 NFT

SORA SorachanCoin 公式マイニングプール [PoW/Scrypt]: pool1, pool2

所有権管理、メタバース、ドライブ(HDD/SSD/NVMe)の検査、高度な科学的分析などのサポート...など Web3 - ブロックチェーン - SORA Network によるNFTです。

Web3-ブロックチェーン技術をベースに直積で構築できる多次元NFTの普及を目指します。
すでにベース構築は完了しており、SORA Networkでは1-dim NFT、2-dim NFT、4-dim NFTが正常に稼働しています。

どのような用途がありますか?
例えば、気象観測データをブロックチェーンで分析する場合です。
ある地点の「風向」と「風の強さ」をデータにすると2次元NFTとなる。
この 2次元 NFT は、SORA ブロックチェーンにデータを記録するために動作します。
そして、ブロックチェーンに特別なNFTを与えると、ブロックチェーンから結果を得ることができます。

さて、SORAプロジェクトの第一の目標についてですが、
「ブロックチェーン上でのドライブ検査統計の実現」を4次元NFT(i-sector)で実現しました。
SSD/NVMeを安全に運用できるようになりました。ありがとうございます。

こんな感じでNFTが組めます。
従来のトークンをスマートコントラクトで直接生成し、次元を変えられる。
どんなアプリにもスマートに適応していきます。

* PoW / PoS [ハイブリッド]
*** ご利用方法: PoW プール

* 16個のパスフレーズを使用して、ウォレットを完全に復元します。
*** ご利用方法: https://www.fromhddtossd.com/drive/stat.html

* ブロックチェーンで完全に同期されるまで、わずか数分です。(RapidSync)
*** ご利用方法: 確認ダイアログで「はい」ボタンを押すだけです。

* SORA Neteork による所有権管理(1次元: NFTを使用)
*** ご利用方法: https://www.fromhddtossd.com/drive/nftownership.html

* SORA Neteork 経由の暗号のメモ帳(1次元: NFTを使用)
*** メモは暗号化されブロックチェーン(SORA Network)に書き込まれます。
*** ご利用方法: https://www.fromhddtossd.com/drive/memo.html

「暗号のメモ帳」は書き込みと再スキャンのみのシンプルな構成で、シンプルです。

「書き込み」はメモを秘密鍵(HD Wallet)で暗号化し、ブロックチェーンに書き込みます。
秘密鍵は自分しか持っていないので自分以外はみることができません。

SSLのサーバと通信してオンラインに保管するタイプとの違いは?
SSLの場合、接続プロセスは公開鍵で暗号化されSSLで暗号化され通信中の間は安全になるのですが、
サーバを管理する会社は秘密鍵を持ち、すべてのデータを復号化してみることができます。

「再スキャン」は、16のフレーズからHD Walletを復元した後、 ブロックチェーンに預けた暗号化されたメモが復号されて反映されます。
※ 16個のフレーズを覚えさえすればバックアップ・ハードウェアウォレット・ペーパーウォレットなどは必要ありません。

* SSD/NVMe 完全スキャン機能。 (statscan ... 4-dim: NFTを使用)。
*** ご利用方法: https://www.fromhddtossd.com/drive/scan.html

ブロックチェーンと統計を使用し故障が近づいたときにSSD/NVMeのスキャン判定を一時的に保留します。
「不明なセクター」は「i-sector」として配置され、その状態が確認されるまで保留(黄色)で待機します。

そこからブロックチェーンの知見を活かしていきます。
まず以下は、FromHDDtoSSD v3.0 SSD/NVMe 統計スキャンの実行中の様子です。

さて、ドライブをスキャンしてみましょう。
近年ではHDDに加えSSD/NVMeが新たな要素として加わりました。
しかし ... このSSD/NVMeの検査については非常に複雑で難解です。

セクタの読み込みが簡単に確認できるHDDと比べ状態が変動するためです。
いまこの瞬間検査して「正常……グリーン」だったとします。
しかし、わずか数秒後……いえ、数マイクロ秒かもしれません。実は「不良セクタ」だった。これがあります。
したがって、HDDと同じように対応していては正確な値が得られません。
分散型(ブロックチェーン)を経由する確率分布を処理することでSSD/NVMeの検査を追求しました。

これからはSSD/NVMeは「より大容量」かつ「より高速」になります。よって、検査はとても重要です。

* まずは従来からあるHDDの完全スキャン機能(完全スキャン ... 2次元を使用: NFT)
*** ご利用方法: https://www.iuec.co.jp/fromhddtossdsora/fullscan.html

HDDは従来の検査(完全スキャンの「セクタが読み込めるかどうか」の検査のみ)で問題ありません。
※ なぜなら、常に定数(真偽)で処理できるからです。

またこの性質は、SORA Networkを使用した統計スキャンと完全に一致いたします。
つまり、HDDが検査対象なら同時に複数台の処理であってもSORA Networkの統計スキャンを実行する必要性はなく、 従来の完全スキャンのみで大丈夫です。

なお、検査結果が別の境界などにずれて判定が曖昧になる事はございません。[こちら]

セクタの性質のみを追えば十分だったHDDの完全スキャンです。
完全スキャンでは、2次元を利用いたします。
一つの点(判定)に対して「セクタの種類」「動作安定度」の二つが関わるためです。
2次元なのでセクタの判定が「上のグラフ」、距離感の和と差による判定が「下のグラフ」になります。

* 完全スキャンと統計スキャンの差を実感してみましょう。

A, SSD/NVMeを完全スキャンで検査します。大丈夫そうですが……。


B, この結果(A)を統計スキャンに同一視する [with i-sector]

下のグラフの解析結果が大幅に縮小されています。 これは、セクタが読み取り可能かどうかのみをチェックするだけでは、検査精度が低いことを示しています。 この現象は、検査してもすぐにデータが失われたという事故の原因を示しています。


C, では改めてSSD/NVMeを統計スキャンで検査します。[with i-sector]
統計スキャンを使用すると、スキャン精度が向上し、このドライブは問題ないことがわかりました。


D, HDDに完全スキャンを実行してみましょう。


E, この結果を [i-sector] を使用して統計スキャンに同一視いたします。
下のグラフの分析結果は安定して上側に向かっておりますね。
HDDの検査では完全スキャンと統計スキャンの結果が「一致」していることを示しています。

*** ロードマップ [SORA Web3.0/NFT] 新機能の実装について

多次元NFTをサポートいたしました。
※ 本来、本ブロックチェーンは統計スキャンおよび復旧機能の改善に利用する予定でした。 そこを一般化いたしまして多次元のNFTに置き換えたのち、すべてをそこから派生させる方向性に変わりました。
FromHDDtoSSDにブロックチェーン機能を実装いたしました。
最新のSQLiteをウォレットのデータベースに採用いたしました。
※ 後日、FromHDDtoSSD側にブロックチェーンを展開するときに便利となるためです。
自動チェックポイントを実装いたしました。
ピアを確認できるタブです。
ベンチマーク機能を実装してみました。
SorachanCoin-qt ver1.0をリリースいたしました。まずはブロックチェーンです。

* 本プロジェクトについて

https://www.iuec.co.jp/detail/en.html