SORA project

X: > here

L1 L2 Portal Site: > here

SORA tec Blog: > here

* ニュース

I. SORAブロックチェーンにおけるAI-NFTについて

まず、私たちはAI-NFTを作成します。これは簡単です。[作成:SORAブロックチェーントークン]

次に、所有権を記録するデジタルデータ(例えば画像)をそのAI-NFTにリンクします。

これにより、所有権がSORAブロックチェーンに記録されます。 これに続いて、デジタルデータ(例えば画像)がそのウォレットのアドレスの所有権に結びついていることを確認できます。 もちろん、異なるデータは無効となります。

II. AI-NFTはトークンの概念を採用しており、転送が可能

所有権に結びついたAI-NFTは、SORAネットワーク上でトランザクションを発行することによって、別のアドレスに移動することができます。 これが所有権の移転と呼ばれるものです。したがって、所有権の「有効」という確認はAI-NFTを受け取った側でのみ行うことができます。

別の契約アドレスにSORAブロックチェーントークンを送ってみましょう。

SORAブロックチェーントークンを他人に転送した後、このウォレットはそのトークンを失い、したがって所有権も失いました。

SORAブロックチェーントークンを受け取り、使用することにより、このウォレットはデジタルデータの所有権を獲得しました。

SORA AI-NFTトークンのSORAネットワーク手数料は、おおよそ0.1 - 0.2 SORA(トークンの作成、デジタルデータへの署名、トークンの移動)です。 そして、分散化の原則に従って、この手数料はマイナーの報酬に加算されます。

III. HDD/SSDとSORAブロックチェーンとの関係について

SORAブロックチェーンを利用したSSDの検査に関するビデオを作成しました(約70分間)。急速に容量が増えることにより価格が大幅に下がった大容量SSDは、今後数年間で爆発的な人気の高まりが期待されています。しかし、その代償として「確率的」な故障が増加しています。読み取り可能なセクターの「確率的」故障により、データが見えるがコピーできないなど、前例のないタイプの故障が世界中で頻繁に発生しています。このような状況を予測して、この検査を実施できる唯一のシステムであるSORAブロックチェーンのHDD/SSD/NVMe検査システムを紹介します。

検査後、右側の警告ログに警告がなく、下部のグラフが上昇傾向にある場合、SSDは正常に機能しているとみなされます。 数学的には、警告ログはドライブの潜在的な故障を示し、下部のグラフはドライブの「指標」を表しています。この「指標」は歪んだ時にドライブの劣化を意味します。この「指標」が歪むと、「データは見えるがコピーできない」といった症状が現れ始めます。そのような場合、下部のグラフは「底を這う」形をとるようになります。

では、SORAブロックチェーンはどのようにして使用されるのでしょうか?「指標」を単位行列に正規化することによって「初期条件」を設定するために利用されます。 SSDはモデルやメーカーによって特性が異なるため、これらの特性は分析のためにブロックチェーンにロードされます。単位行列の位置を決定した後に検査が開始されます。メトリックテンソルが単位行列になると、直交性が幾何学的に垂直になりますよね?このコンセプトはブロックチェーンの使用によって適用されます。

SSD/NVMeの一回の統計スキャンは通常、SORAネットワークでの手数料として0.04 SORAが発生します。この手数料はマイナーへと流れ、その後取引所を経て検査システムに戻ります。このサイクルはSORAブロックチェーンの本質です。ブロックチェーン技術が通貨やNFTにとどまらず、科学や統計分野においても重要な実用性を持つことを、SORAブロックチェーンを用いて実演できることを私たちは大変嬉しく思います!